チーズフェスタ20年の歩み
チーズフェスタの20年を振り返る
チーズの日、誕生秘話!日本人の”チーズ”との出会い

日本人と"チーズ"の出会いは、いつごろのことだったのでしょうか?たくさんの人がそんなに昔の事ではないだろうと思っているようですが実は、およそ1300年前、飛鳥時代にそのおいしい出会いがあったのです。

当時のことが記録された「右官史記」の中に「文武天皇四年(西暦700年)10月(新暦11月)文武天皇が使いをつかわし、″蘇(そ)″をつくらしむ」という記述があります。ここで記されている″蘇(そ)″が現在のチーズの元祖と言われるものです。また、旧暦10月は新暦になおすと11月になります。

そこで、1992年に皆様にもっともっとチーズに親しんでもらうため、覚えやすい11月11日を記念日とし、「チーズの日」が誕生しました。

そして「チーズの日」にチーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会の共催でチーズフェスタを開催しつづけています。

日本人とのチーズの出会いは、朝廷の使いが地方に遣わされて「蘇(そ)」を製造して文武天皇に献上するように命じたという記録が残されています。この「蘇(そ)」とは牛の乳をもとにつくったといわれ、現代のチーズに近いものとされています。

もともとは中国から乳を煮詰めた「酥(そ)」というものが伝わったとされています。仏典の涅槃経には「牛より乳を出し、乳より酪を出し、酪より生酥を出し、生酥より熟酥を出し、熟酥より醍醐を出すが如し。醍醐最上なり。」と記されています。醍醐とは乳を精製してつくる濃厚でほんのり甘い食品で当時は大変おいしいものとして扱われていました。醍醐のようなコクのあるおいしい味という意味から「醍醐味」という言葉が生まれたと言われています。

もちろん、当時の庶民のあいだでは「蘇(そ)」はおろか、牛の乳さえ食用とする習慣はありませんでした。朝廷やごく一部の貴族や僧侶だけに許された貴重で特権的な食べ物だったようです。

チーズフェスタと20年
年表

(2008年・2009年とピザ協議会様に出展いただき、試食を実施いたしました。)

チーズフェスタ第1回「蘇の儀式」を再現

チーズの日、誕生秘話!の中でも触れていますが、日本人と”チーズ”の出会いは飛鳥時代の「蘇(そ)」にありました。第1回チーズフェスタではこの「蘇(そ)」を貴族に献上する「蘇(そ)の儀式」を再現しました。

儀式写真

CONTENTS